国民年金の滞納で特別催促状が届いた結果・・・

私は32歳の専業主婦です。
旦那と子供3人で暮らしています。
旦那は派遣社員で不況のためか年々時給が下がっていくため、貯金を切り崩して生活しています。
だから税心の支払いは後回しになりがちになっていました。
そしてついに国民年金の特別催促状が届きました。
国民年金の特別催促状

国民年金を1年くらい滞納していると届くようです。
ネットで調べてみると「払う必要が無い」っていう意見が大半だったため、払う気力が起こらずスルーしてました。
その後3ヶ月くらい無視していると、毎月のように督促状が届くように・・・。

どうも2014年から督促が強化されたみたいです。
ヤバいかも・・・、と思い始めるようになりました。

督促状が届いても払わないとどうなるのか?

督促状がバンバン届くので、ちょっと怖くなってしまい年金事務局に電話して聞いてみました。
督促状が届いても払わないと、職員さんが自宅まで取り立てにくるそうです(爆)
それでも払わなければ、銀行口座やめぼしい財産を強制的に差し押さえるとのこと・・・。

オーマイガー!

誰だよ払わなくてもいいなんて言ったバカは・・・。
それを信じた自分もバカですが・・・。

結局支払うことに・・・

かなり滞納していたので、80万円くらいになっていました。
払える金額でもなかったため、カード―ローンでお金を借りて支払うことに。
ちなみに自分がお金借りたのはプロミスです。
(金利が一番安そうだったから)

国民年金滞納までの軌跡!

どうでもいいかもしれませんが、国民年金を滞納するまでを書いてみます。

私が国民年金を初めて滞納したのが22歳の時でした。
学生の間は全部親が支払ってくれていたし、自分で支払う事の大変さを初めて知った時でした。

学校を卒業してとりあえず高校から斡旋されたスーパーへ就職しました。
私は本当はアパレルに憧れていましたが、お給料が安い所が多くて親に反対されて安定しているスーパーに就職したんです。

でも、お金を貯めて家を出てから好きな仕事に転職するんだと思い頑張っていました。

私はレジだったんですけど、よく来てくれるお客さんと仲良くなって付き合うことになりました。
それから家を出て一緒に住むようになって私は貯金どころか毎月がカツカツで、同棲とは楽しいだけではなく大変な事も多いんだと気付きました。

そうこうしているうちに年齢的にもアパレルに転職するにはそろそろキツくなってしまい焦りました。
そこで貯金はないけど夢だったアパレルに転職する決意をします。

でも仕事はサービス残業だらけでとてもハードだったので、就活をするような余裕がなくてとにかく辞めてから職を探しました。

有給が一ヶ月あったのでそのうちに採用をもらうつもりで面接しました。
大本命だったブランドに一発で合格することが出来て凄く嬉しかったです。

でも働き出せたのは職場の関係で面接の二ヶ月後でした。
二ヶ月間収入がなくて生活が苦しく、国民年金を滞納してしまいました。
二ヶ月分なので3万円です。

それからは毎月きまって滞納の封筒が届くようになりました。

ある時役所から電話があり、悪質な滞納者は財産を差し押さえると言われてしまったのです。
そこで急遽キャッシングでお金を借りることにしました。
今すぐお金が必要だったためイロイロ調べたところ、まさにドンピシャなサイトを見つけます。
主婦でもカードローンでお金を借りられるノウハウが公開されたサイトでとても助かりました。
参考元:http://x-lab.rdy.jp/

参考にした専業主婦向けのカードローンサイトで情報を集めた後、早速アコムでお金を借り、封筒を郵便局に持って行くと支払いができました。
借りたお金は、働きだして1年後に支払いを終える事が出来ました。

しかしその後、また国民年金を滞納してしまい「まあいいか・・」と思うようになり、ズルズルと滞納が続き、今回の問題に発展してしまった感じです。